TechAcademy受講者がぶっちゃけます!実際どうなの?

なお
こんにちは。サイト運営主のなお(@nao_jpa)です。

この記事ではTechAcademyはどんな感じかをぶっちゃける記事です。

この記事はこんな方におすすめ
  • TechAcademyってどんなスクール?口コミは??
  • TechAcademyって値段が他と安いけど、本当良いスクールなの??

Youtubeの広告でも最近多く見ることが多いTechAcademy。

どんなスクールなんだろうと感じた事も多くいるでしょう。

そんなTechAcademyを受講した僕がいろんなこと書きました。

TechAcademyの良いサービス

筆者がテックアカデミーを受講している中で、良いなとおもったサービスについて書いていきます。

  • 無料体験で実際にコードが書ける
  • オンライン完結型だからどこでも空いてる時間に勉強できる
  • 受講者画面がわかりやすく直感的に操作しやすい
  • 現役で活躍しているエンジニアに質問し放題
  • 週1~2回.30分のビデオチャットがある
  • TechAcademyContestでエキスパートの人たちに最終評価を貰える
  • オリジナルサービスを作れるのに値段が割と安い
  • サービスが終わっても教材は閲覧できる
  • TechAcademyキャリアの利用で就職/転職がしやすい(無料)
  • TechAcademyの良いサービスのまとめ

これらについて簡単に書いていきます!

無料体験で実際にコードが書ける

Progateなどを使って、独学したことがある人は魅力的とは感じないかもですが全然そんなことありません。

無料体験ではテックアカデミーのやり方で、「HTML.CSS.JavaScript」を少しだけ触ることができ、課題提出することになります。

この時点でテックアカデミーのやり方が自分に合うかわかります。

他のスクールで無料体験の時点でコードを書くことはやらせてくれないので、とても良い仕組みですね!

TechAcademyの無料体験を受ける

オンライン完結型だからどこでも空いてる時間に勉強できる

テックアカデミーはオンライン完結型なので、時間と場所を選ばずに勉強できます。

パソコンとWi-Fi環境があれば、どこでもカリキュラムが進められるわけです。

社会人・主婦・学生など、どの年齢層でも問題なく受講することができます。

受講者画面がわかりやすく直感的に操作しやすい

このように画面がわかりやすく配置されています。

サービス期間がわかりやすかったり、メンタリング画面にも1クリックで進めるようになっています。

右上には、質問サービスのSlackやコードを実際に書くCloud9に飛べるようになっています。

このページだけブックマークしておけば困りません。

現役で活躍しているエンジニアに質問し放題

テックアカデミーが売りにしている、「現役エンジニアに質問し放題」

現役エンジニアが質問したら答えてくれるという画期的なシステムですね。

ですが悪いところも目立ったので、下記の良くないなと思ったところで書きました。

週1~2回.30分のビデオチャットがある

コースによって違いますが、週に1~2回メンタリング(ビデオチャット)があります。

ビデオチャットも現役のエンジニアが対応してくれます。

質問サービスを使ってもわからなったところなどを、わかりやすく説明してくれるので、理解度がとても高まります。

そして「次のメンタリングまでにはここまで進めておくとよいかな」と毎回教えてもらえるので、サボったりできないと同時に、進めるべきところがわかるので良いと思います。

TechAcademyの無料体験を受ける

TechAcademyContestでエキスパートの人たちに最終評価を貰える

このコンテストに参加するのは任意ですが、自分で作ったオリジナルサービスを、第一線で活躍するエキスパートエンジニアが評価を下してくれます。

自分の作ったものを、すごい人たちは評価してくれるのは滅多にありません。

無料で評価してくれるので、参加して損は全くないと思います。

何があったらいいねとか貰えたら、自分の作ったサービスなので、後からコードを追加していくことも可能ですよ。

オリジナルサービスを作れるのに格安

他のスクールだとオリジナルサービス開発まで行くと、40万~ぐらいになるのが当たり前です。

しかも確保しないといけない時間も倍くらい変わってきます。

ですがテックアカデミーだと、これが15万~ぐらいで出来ちゃう!

たしかに制作物に差はあるかもしれませんが、足りない部分を後から自分1人で足した方が力になるし達成感もありますよね!

オリジナルサービスを1つ持っておくだけで、就職・転職に活かすことができるので一石二鳥!

サービスが終わっても教材は閲覧できる

テックアカデミーはサービスが終わってもカリキュラムは閲覧できます。

なのでサービス期間が終了して、オリジナルサービスに足したい機能があったりしたときに、教材が役立つんです!

又、プログラミング学習の復習に利用するのもいいかもしれませんね。

TechAcademyキャリアの利用で就職/転職がしやすい(無料)

受講者なら無料でテックアカデミーのキャリアサービスを利用することができます。

自分で求人探すのもいいですし、今のIT業界は人手不足なので企業側からスカウトがきたりします。

スカウトで来たところに受けに行くのはあまり得策ではありませんが、就活などが控えている人や就活中の人には心の余裕になりますよね。

どんなスカウトが来るかというと、

「未経験OKのうちで働いてみませんか??よければ面接の日時を決めましょう」

みたいな感じです。

こんな軽いノリみたいな文ではないですが、内容はこのまんまです。

自分で求人を探せるので、そちらを利用するのをお勧めします。

TechAcademyの良いサービスのまとめ

ここまでのことを簡単にまとめると

無料体験・受講中・アフターサービスまで充実しすぎている

良い所ばっかですが、悪い所もいくつか見受けられてので、ぶっちゃけていこうと思います。

TechAcademyの無料体験を受ける

TechAcademyの良くないなと感じた所

  • 質問サービスの時間が午後のみ
  • 質問した時に答えてくれる人の対応にバラツキがある

テックアカデミーは基本的に悪い所がありませんが、少し気になったところがあったので書きました。

質問サービスの時間が午後のみ

質問が利用できる時間帯は、15時~23時までです。

なので、朝勉強している人などは厳しいですね。

ですがカリキュラム自体はそこまで難しくないので、自分の頑張りしだいでどうにかなる課題もあります。

逆に23時まで利用できるのは学生や社会人などにはとても魅力的ですね。

質問した時に答えてくれる人の対応にバラツキがある

これは本当に仕方ないことなのです。

ですが少し目立ちすぎかなと感じたので、書きました。

文面の送り方だったり、わからないことに対しての答えがわかりにくかったりと、人それぞれだなと感じました。

現役エンジニアでも全員教え方がうまいとは限らないので、そこだけ注意しておきましょう。

基本的にテックアカデミーは悪い所ない!

Twitterなどで他のスクールの口コミなど見てきましたが、テックアカデミーは悪い評価が全く見当たりませんでした。

他のスクールのは結構すぐ見つかるんですが・・・(笑)

それに自分も通っていましたが、目立つような気になる点は質問サービス以外ありません!!

TechAcademyの無料体験を受ける

TechAcademyの評判まとめ

長々と書いてきましたが、簡単にまとめてみると

  • オンラインスクールの中では質問サービス以外トップクラス

というイメージです。

自分は、特に頭が良いわけではない(むしろあほ)ですが、カリキュラムもしっかり読めば理解できます。

質問サービスも理解しやすい人はとても理解しやすいように解説してくれます。

値段もオリジナルサービスが作れるというのに、平均相場より安く設定されているので、とてもおすすめできるプログラミングスクールです。

TechAcademyの評判から合う人と合わない人

どんなに良いスクールでも合う人と合わない人が絶対います。

どんな人かを自分なりに考えてみました。

TechAcamdey合う人

テックアカデミーが合う人は、1人で進められる人です。

わからなくても教材を見直したりGoogleで検索したりをできる人がテックアカデミーは向いているかなと感じました。

他には、ある程度独学で勉強していた人です。

カリキュラムはあくまで教材です。基本なことしか書いてないです。

もし1人で進めてても教材が理解できなければ意味がないので、独学で少し理解をしておくと、教材の理解に影響してくると感じました。

TechAcademyの無料体験を受ける

TechAcademyが合わない人

コツコツ1人で進めるのが苦手な人には向いてないです。

まずプログラミング自体向いてないかもしれないですが、そういう人にはCodeCampがおすすめです。

コードキャンプの評判を口コミなどからまとめてみた!

プログラミングスクールはとりあえず無料体験を受けるべき!!

中学生や小学生の時に塾に通っていた人ならわかるかもしれません。

スクールと自分の相性がとても大切だからです。

プログラミングスクールはそれぞれ教え方が違ければ、カリキュラム(教科書)の内容も違います。

カリキュラムに関しては、しっかり読み直したりすれば理解度はまた変わってきたりします。

ですが教え方に関しては自分に合っていないと、どうしても続けることが困難になってしまいます。

テックアカデミーは無料体験を受ければコードもかけるのでおすすめといえます!

TechAcademyの無料体験を受ける

TechAcademy無料体験予約の仕方

STEP.1
公式ページに飛ぶ
STEP.2
必要事項記入

STEP.3
完了

そうしましたら、学習画面になると思います。

同時にメンタリング調整のメールが届いているはずなので、メンタリング日時を決めましょう。

それから学習を始めて、課題を進めてみましょう。

TechAcademyで無料体験受けてみた!!

受講はTalkyというのウェブサービスを使って、顔出しでビデオ通話をします。
※サイトに飛んでも英語だらけですが、実際の使い方は簡単なので気にしなくて大丈夫です。

部屋に入っていれば勝手に接続されたのでとても便利だなと感じました。

内容は自分の受けたいコースの説明と、他で個人的な質問をするのみです。

授業の進め方などをざっくり説明してもらってから、料金は生徒の時間に合わせて決めて、説明してくれます。

自分は『初めてのプログラミングコース』の説明をしてもらいました。

僕の場合は8週間プランが時間的にも都合が合いそうだったので簡単に説明をしていただき、学生なのでインターンに進んだ方がいいかなどのキャリア相談もしました。

最後に

先ほども書いたのですが、無料体験自体は10分で終わってしまったので、レビューではなくて感想文みたいになってしまいましたごめんなさい。

自分はテックアカデミーを現在受講していますが、とても楽しく進めることができています。

躓くポイントなどもありますが、それ含めてプログラミングだと思っているので、頑張っていこうと思っています。

以上、「TechAcademy受講者がぶっちゃけます!実際どうなの?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です