侍エンジニア塾が邪魔という悪評は本当か確かめてみた

この記事はこんな方におすすめ
  • 侍エンジニアって高額だけど、その分内容はいいの?
  • 前に炎上していて、邪魔みたいな悪評ばっかだけど、実際のところどうなの?
  • 侍エンジニアの良い部分はあるの?

こんにちは。サイト運営主のなお(@nao_jpa)です。

平気で50万前後の受講料を取ってくる侍エンジニアですが、それだけお金を取ってくるなら内容もさぞかし良いスクールなのだろうと考えてしまいますよね。

今回も他の記事同様、Twitterなどからたくさんの声を集めてきました。

結論を先に述べてしまうと、侍エンジニアは無料体験に価値があるが、受講は絶対にしなくて良いという結論に至りました。

侍エンジニアの良い評判

まず良い評判からみていきましょう。

侍エンジニアの良い口コミ

侍エンジニアの無料体験の価値はあるという投稿


僕自身も思いますが、侍エンジニアの無料体験は割と価値あると思います。

他社スクールの無料体験では話さない、今後の自分の方針などが決めれます。

 

ただ印象操作などがすごくて、話し方も滅茶苦茶うまいので、流されないようにした方が良いです。

前にも後にも書きますが、侍エンジニアでの受講は本当にやめた方が良いです。

あくまで無料体験までで押さえましょう。

侍エンジニアの無料体験を受ける

侍エンジニアの悪い評判

侍エンジニアの悪評口コミ

侍エンジニアはカリキュラムが古すぎるという投稿


上記の内容は問題ですね。

加えて下記のことがあると、受講する価値は見つけられなくなってきそうですね。

どんなに先生が良くても教科書がダメだと勉強は一人じゃ進めにくくなってしまいます。
この場合はメンターの人もなかなかやばいっぽいですが。

侍エンジニアはカリキュラムは外部サービス!?


上記と同じ人ですが、他でこれを言ってる人もいました。

 

カリキュラムの中に【Progate】を採用してるのは中々やばいですね。

たしかに【Progate】はめちゃくちゃ良いサービスです。

全ての機能を利用するのに、月額980円です。

侍エンジニアの受講代金は50万ほどです。

これなら自分で登録して独学した方が良いのは一目瞭然です。

侍エンジニアが執筆している記事は情報が間違っているという投稿

でもGoogleが成し遂げる手助けをするといいながら、侍エンジニア塾のような間違い、デマの技術記事を上位にでるようにされてはなあ

— ミラクルStocks (@miracleStocks00) 2019年5月9日

侍エンジニアのプログラミング関連の記事は、Googleの検索結果に上位表示されています。

そこで、間違った記事やデマ記事が流れているという投稿ですね。

 

これが本当ならGoogleがどうにかしないといけないですね。

侍エンジニアは印象操作などをしているんじゃないか??という投稿


本当に侍エンジニアの中の人がやっているかは、わかりませんが侍エンジニアを庇うようなサイトになっていますね。

それがこちらのサイトです→侍エンジニア塾うざい.tokyo

このサイトも印象操作をしようとしていますね。

でもこれ中の人がやってたとしたら、中々商売上手だと思いますね。その点だけ。

侍エンジニアの評判からわかる邪魔さが異常

結局上記を見てもらったらわかるように、良い口コミより悪い口コミが圧倒的に多い結果になってしまいました。

不特定多数の人が見る場所で間違っている情報を流したり、カリキュラム内容はよくなかったりなど・・・

業界にいる人からしたらめちゃくちゃ邪魔な存在ですね笑

 

結局調べても侍エンジニアは良い情報が出てきませんでした。

無料体験の価値は僕もあると思いますが、実際に受講となると絶対にお勧めできないですね。

侍エンジニアの無料体験を受けてみる

なぜなら50万ほど受講料金がかかるのに、それに見合った知識がつかないからです。

口コミの中には、侍エンジニアのカリキュラム内容は、独学でどうにかなるとまで書いている人もいました。

受講するなら現エンジニアインターンに通っている人が選んだスクールの中から選んだほうが良いです。

プログラミング初心者におすすめのスクール4選

それに加えて、カリキュラムがダメだと言われているのに、印象操作を行ってこれからエンジニアになろうとしている人たちを餌にしていることですね。

これは割と早期的に改善していかないと取り返しがつかないことになっていくんじゃないかなと思いました。

 

ここまで書きましたが、無料体験は受けてもよいんじゃないかなと思います。
理由は下で書いてます。

なぜ侍エンジニアの無料体験は価値があるのか??

かれこれ侍エンジニアは邪魔だと書いてきましたが・・・

侍エンジニアの無料体験では

  1. 自分がまずプログラミングを習ってどうなりたいか
  2. 具体的になりたいものにはどうしたらよいのか
  3. 今の業界的に何から行動するべきか

などを話してくれます。

簡単に言えば、自分の方向性が定まります。

 

プログラマーの道に進むとしても、最初にやる事は誰しもがわからないと思います。
ですが、侍エンジニアの無料体験を受けるだけで、なりたい姿への道のりがわかります。

全くわからない業界の話を聞けて、しかもその業界で生きていくためにはどうしたらよいかを無料でアドバイスくれるわけです。

価値大ありですね。

今なら無料体験受ければ、1000円分のAmazonギフト券貰えます。

侍エンジニア無料体験予約の仕方

もう一度言いますが、無料体験はおすすめです。

ですが、無料体験で印象操作されてしまうと思います。

そこで、印象操作をされても「邪魔」と受けながして侍エンジニアに受講は決めないようにしましょう。

STEP.1
サイトに飛びます

侍エンジニアのサイトに飛ぶ

無料体験予約がでかく載ってるのでこちらをクリックします。

STEP.2
体験日を決める
自分の予定が合う曜日と時間を決めたら次へを押して個人情報を入力していきます。

この時下記の解答欄があるので、オンライン形式の場合はSkypeにしましょう。

話を聞くだけなので、わざわざお金出して現地に行く必要性はないと思います。

STEP.3
完了
入力が完了すると、自分のメールに予約完了メールが来ていることを確認しましょう。

Skype以外は特に使うものはありません。
アカウントを持っていない人は、予約する前に作っておきましょう。

 

侍エンジニア無料体験1回目の受講内容

時間になったらスカイプで担当の人から電話がかかって来ます。

僕の場合は担当の方が女性だったんですが、とてもハキハキした物言いの方で終始喋りやすい方でした。

 

体験授業予約ありがとうございます〜的な感じで始まって、

  • なぜプログラミングに興味を持ったのか
  • プログラミングを習ってどうしたいか
  • プログラミングを習ってどうなりたいか

などを最初に聞かれました。

ここまでは他のプログラミングスクールと何ら変わりません。

 

20分くらい喋ったくらいで、相手方のパソコンの画面を共有で見ながら、色々説明を聞きました。

これからのプログラミングの必要性や就職率だったりと、ここら辺は調べたら出てくるような感じの情報ですが、改めて見るとプログラミングはこれから必要だなと感じました。

ある程度会話をしてると不思議な感じで親近感がわくんですよね。僕だけなのかな笑

侍エンジニアは時間がたっぷりあったので、話しながら質問をしやすかったです。

 

だいたい1時間たったくらいで2回目の受講予約を取ります。

なぜ2回目があるかというと、侍エンジニアは1回目で聞いた話をまとめて、体験者に合うカリキュラムを作ってくれるからです。

1回目はこれくらいでしたね。
時間は全部で1時間20分でした。遅くても1時間半で終わると思われます。

侍エンジニア無料体験2回目の受講内容

僕は1回目の2日後に予約を取りました。

1回目同様時間になったら相手から通話が来ます。この時も1回目と同じ人でした。

 

僕はプログラミングを、この時はまだ触ったことがなかったので、自分の作りたいサイトとか決まったかどうかを聞かれました。

その後に作ってくださったカリキュラムを見せてもらいました。

僕の場合は6ヶ月のカリキュラムを作ってもらい、こうゆう感じで進めていきますとわかりやすく具体的に何をするかを説明してくれました。

 

2回目はそれだけでしたね。

僕はお金のことで相談をしたので1時間お話しさせてもらいましたが、カリキュラムの説明だけでしたら、40分くらいで終わると思います。

2回目が終わってすぐには受講決めないと思うので、決めたらスカイプでまたメッセージ送ってくださいって感じで終わりました。

 

最後に

侍エンジニアは他のプログラミングスクールと比べて受講料金がとても高いので、無料体験から違うなと感じてはいました。

対応といい話し方といい説明といい、そこだけは僕はとても良かったと感じました。

 

でも邪魔な印象操作とかだけは、やめた方が良いですね。

侍エンジニアは無料体験を受けるだけの価値がある話を個人的には聞けました。

僕のオススメは、侍エンジニアの無料体験を受けてプログラミングの道の方向性をある程度決めてから、他のプログラミングスクールを検討することです。

侍エンジニアで無料体験だけを受ける

以上、「侍エンジニア塾が邪魔という悪評は本当か確かめてみた」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です