プログラミング言語が多い理由を500字以内でまとめます!

こんにちは。プログラミングが大好きな今井@ima_maru)です。

今回の記事は、

  • なぜこんなにも多くのプログラミング言語が存在し使われているのか?
  • 一つじゃダメなのか?

という疑問についてです。

私も最初にプログラミング言語選びしてた時に「多すぎ・・・。」と思いました。

でもこれらにはちゃんとした理由があったのです。

それでは↓から500字以内で解説してみます。

多くのプログラミング言語が使われている理由

プログラミング言語は大量に存在しています。なぜ多くのプログラミング言語が存在し使用されているのか?

これはズバリ、適している分野が違うからです。

iPhoneのアプリAndroidのアプリ、皆さんもなじみ深いんじゃないですか?

これらのスマートフォンアプリケーションを開発するのに適した言語と、Webアプリケーションやホームページの開発に適した言語は違ったりします。

このようにそれぞれに適するプログラミング言語って変わってくるんです。

穴を掘るのにスプーンなんて使ってられないですし、紅茶に砂糖を加えるのにスコップを使っている人がいないと一緒です。

穴を掘るにはスコップ!
紅茶に砂糖を加えるならスプーン!

そんな感じに適している言語ってのがあるわけです。

実際iPhoneアプリ開発に適した言語「Swift」の開発画面がこんな感じ。

どうですか?簡単にできそうでしょう?

ほかにも、Excelのプログラミングだったら、ExcelVBAを使え!」って言われますよ絶対。

プログラマーの好みもあるけどね!(^^)/

[box03 title=”要点“]

それぞれ適している分野が違う!

あとはプログラマーの好み!

[/box03]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です