フリーランスエンジニア必見!!独自案件豊富に揃えています

【まとめ】3記事でGoogleアドセンスの審査に通った方法を解説!!

こんにちは。サイト運営主のなお(@nao_jpa)です。

僕はこのブログを合わせてサイトを2つ運営していますが、どちらも『GoogleAdsense』に合格しています。

今回は、『GoogleAdsense合格』についての知識を僕が知る限りで、最大限にアウトプットしていきます。

初めて審査に出した時は一発で『13日・13記事』で合格しましたが、もう一つのサイトは『6日・3記事』で合格しました。

  • サイト開設からわずか6日という短い運営期間
  • 3記事という少なすぎる記事

これだけで『GoogleAdsense』に合格できた理由を解明していきます。

この経験にプラスして、、、数多のブロガーさん方が、『GoogleAdsense』合格するまでにやった事!という記事を載せているので、それらも参考にさせてもらいながら書いていきます。

なので計4つのサイトのまとめみたいな感じです。

GoogleAdsenseの審査に通るためにやること

ここに書いてあることを全て行えば100%『GoogleAsense』に合格できると言ったものではありません。

ですが、この方法で自分はサイトが2つ合格できているので、他のブロガーさんなどよりは参考になるかと思います。

サイトデザインはある程度整える

これは賛否両論があるかもしれませんが、ある程度の設定はいじっておいた方が無難だと思います。

デザインを整えるのは難しいかもしれませんが、それはWPテーマが解決してくれるので、自分にあったWPテーマを見つけるのが一番手っ取り早いです。

自分が使ったテーマは『JIN』と『WING(AFFINGER5)』です。

WING(AFFINGER5)』は特化サイト向けの。
JIN』はブロガー向け。

どちらも柔軟なWPテーマではあるので、使い方によっては色々な使い方ができます。

JIN』の使用レビューは記事に書いてるのでこちらからどうぞ。

ブロガーのためのテーマ【Jin】が最高だから紹介する!!

アイキャッチ画像をはめる

これは全体的に色んな方のブログを見てきての感想ですが、どの記事にもアイキャッチ画像はみなさん貼られていますね。

このようにアイキャッチ画像をはめることで、上記で述べたサイトデザインをよくすることに繋がります。

上位のブログやアフィサイトで、アイキャッチ画像をはめてない人は見たことがありません。

なので、アイキャッチをはめてない人は、今から画像をはめる癖をつけて置いて損はないでしょう。

記事数と文字数

記事数の目安は3~15記事程度文字数の目安は『1000字』です。

これより多いのは問題ないですが、少ないのはあまりよろしくないかなと思います。

なぜ少ないのがよくないかというと、Googleの審査段階で情報が少ない記事として認識されてしまう可能性があるからだと思っています。

どうしても書いているジャンル的に文字数が伸びない場合は、700文字以上の記事数をなるべく増やしてから申し込むなどをしましょう。

記事の書き方

記事の書き方は、見出しとキーワードを意識しましょう。

上記で1000字の記事を書いた方が良いと述べましたが、文字数が伸びない人は見出しをしっかり選べてない可能性があります。

例えばですが、何かの商品レビューの記事を書くとします。

あくまで例えですし、これでも少ない方だと思われます。

自分が商品を使ってレビューを書けば、この程度の見出しだけでも1000字は絶対に書くことができます。

何が伝えたいかというと、記事に『見出し』をしっかり作れば記事内での情報が増え、文字数も勝手に増えるということです。

しかも見出しがあれば、目次から読者が求めてる情報にすぐにたどり着けるという利点もあります。
いわゆる読者ファーストってやつですね。

記事は有益なもの!!

上記の記事の書き方をすれば、有益な記事が書けています。

この記事でいう『有益な記事』の意味は、読者が記事から『情報』を得ることができる記事という意味です。

Googleは読者ファーストなので、有益な記事を上位表示させたいはずです。

読者が商品レビューを調べるとすれば、その商品の効果・使い方・結論などといった『情報』を知りたいはずです。

だとすればその『情報』を書けば良いのです。

検索上位に入れるかは別として、GoogleAdsense合格には結びつくこと間違い無いと思います。

お問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置

お問い合わせフォームの設置は、プラグインで行うのが一番簡単かつ早く設定することができます。

別記事で使い方を書いているので設置してない人は設置しましょう。

メニュー欄などわかりやすいところに設置するのも忘れずに。

WordPressのプラグインでおすすめ9選!初心者はこれだけいれてればOK!

プライバシーポリシーも大事だと思われます。

GoogleAdsenseはプライバシーポリシーに記載しないと広告表示させてはいけないというルールがあります。

なのでGoogleAdsenseで広告表示させたいのならば、結局は設定をしておかないといけないです。

基本的にはテンプレをコピペして、変えるところを変えれば良いだけです。

参考にさせていただいた記事です。

[blogcard url=”http://liberty-life-blog.com/wordpress/privacy-policy/]

SSL化が必須かも…!?

ブロガーさんなどで、上記で書いたこと全て行なったのに、GoogleAdsenseに落ちてしまう人はここも確認した方が良いです。

SSL化とは簡単に言えばネット上でのデータ通信を暗号化し、悪いことされるのを防ぐ仕組みのことです。

自分のサイトのアドレスが「http://」ではなく「https://」になっていたらSSL化されています。

SSL化のことを特に詳しく知る必要性はないと思うので、とりあえず設定だけしておきましょう。(自分もよくわかってない)

こちらの記事で設定の仕方を書いています。

有料ブログの作り方!ブログを作るのには何が必要??~インストール&初期設定編~【初心者向け】

全て実践してもダメだった場合

まとめとか書いてありながら、書いてあること実践してもダメだったら「は!?無理やんけ」ってなるはずです。

なので、Line@専用で無償サポートを受け付けたいと思います。

[box02 title=”サポート内容”]

期間:Adsense合格するまで〜

サポート内容:サイトを見て改善点を伝える。

対象外:はてなブログやWPテーマなどの影響でサイトデザインがどうしようもない場合。

⚠︎:DMを頂いた時点でサポートしている方が数人いた場合、すぐに対応できない場合がございます。

友だち追加

[/box02]

相談や聞きたいことなどは、たくさん答えたいと思っているので、何か質問あればお待ちしています!!

最後に

GoogleAdsenseの審査の基準は明確になっていません。

ですが、ネット社会で情報が多くなっていくにつれて、共通点などは出てきているのが実態です。

この記事で書いてあることを実践したことによって、僕はGoogleAdsense合格率100%です。

Googleの気まぐれもあると言われているので、100%は保証できないですが、高い確率で審査に通る内容ではあるんじゃないかなと考えます。

可能性が高いことが1つわかっているとすれば、機械が審査しているのであれば必ず『合格のパターン』があるということです。

だんだんと見つけれる人が出てくるんじゃないかなと思います。

この記事を読んだことによって、GoogleAdsense合格できる人が増えるといいな。

今回は読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です