楽をして稼げる3つの方法。楽をして稼いでいいのか?

この記事を見てくださっているみなさんは、楽をして稼ぎたいと思っている人がほとんどではないでしょうか。

多くの人がそう思っているはずなのに、なぜ「楽をして稼ぐ」ことができていないのでしょうか。答えは簡単です。

何をすればいいかわからない

という人が多いのだと思います。

もちろん人それぞれ生まれ育つ環境は違いますから、難しいこともあるかもしれませんが。今回の記事は、

  • どうしたら楽をして稼げるようになるのか?
  • 楽をして稼いでもいいのか?

などについて現役大学生の私が考えてみます。

「楽をして稼ぐ」方法

そもそも「楽をする」とはなんでしょうか?

バイトをサボることも楽をすることでしょう。

しかし、「楽をして稼ぐ」とは、頑張った量に支払われるお金の比率が高い仕事をすることを指すと思います。

同じだけの労働量で、a君は1000円b君は10000円のお金を得ることができたらb君はa君より「楽をして稼いだ」と言えますよね?

楽をして稼ぐので手っ取り早いのは、時給や日給などの壁を壊すことです。

つまりは、不労所得です。

パソコンをカタカタして稼ぐあれです。

実際に不労所得で生活している人は沢山います。Twitterで「アフィリエイト」「ブロガー」「FX」などで検索すればいっぱい出てきます。

日本人の平均年収(350~450万ぐらいが多い)よりもはるかに稼いでいる方も珍しくありません。

これから「楽をして稼ぐ」3つの方法を紹介していきます。

アフィリエイト

いま副業として有名になってきたアフィリエイト

アフィリエイトとは成功報酬型の広告といわれます。

文章を書き続けるための文章力忍耐力、さらにはSEOなどちょっとしたノウハウを学ぶ必要があります。

続けないと成果が出ないという特徴があります。

FX

FX!エフエックス!とは聞いたことあるけど、何の略称だか知っている人少ないんじゃないですか?

Foreign eXchange = 外国為替(がいこくかわせ)

この英単語の略称がFXということです。

簡単に言ってしまえば、外貨トレード
円安や円高などの価値の違いを利用して利益を出すというものです。株の外貨版?ちょっと違うのかな。

簡単な例を出すと、こんな感じ。

【1ドル=100円
10000円→100ドルに交換!

【1ドル=110円
100ドル→11000円に交換!

あれ?1000円増えとるうううう!

これが利益になります。もちろん交換はチャートを見ながらパソコンでぽちっとします。

「こんなの運でしょ」と思う方、違うんですよ。実際にFXで平均的に稼ぎ続けている人たちがいます。その人たちは何が違うのかというと、

「チャートの上がり下がりを予測する」んです。

占い師ならおりゃ信じないという方。違います。

どのようなとこから予測するのかというと、「経済指標」「要人発言」「金融政策」などがあるといいます。

総理が「消費税100%にします。(゚∀゚)アヒャヒャ」といえば、景気はどうなるんでしょうか。

そのようなことを利用して予測していきます。

お金の価値は景気とよく関係があります。なので、そこを見抜く人が勝ち抜けるということですね。また群集心理というのも駆使するんだとか。

プログラミング

最近はこの言葉をよく耳にするでしょうか。

「Facebook」「Twitter」「Instagram」「LINE」このようなSNSを作っているのもすべてプログラミングがあってこそです。

Facebook創設者マークザッカーバーグは大学2年生で億万長者の道にまっしぐらです。

スマホアプリ開発や業務システム開発、仕事の自動化だってできますし、フリーランスや起業にだって生きてきます。

本当に可能性が広がります。語りつくせない魅力が詰まっています。

プログラミングを学ぶメリット5選!!【2019年最新版】

プログラマーになるためには大学?専門学校?スクール?それとも・・・

プログラミングスクール・安いでお探しの方必見!無料のスクールがあります!

「楽をして稼ぐ」のは悪いことなのか?

この前、Twitterをみていたら、

  • 楽をして稼いだお金にどれほどの価値があるのか?
  • 一生懸命働いて、満足とともにお金を得た方がいい。

という文章を見ました。「えっ?」と思いました。

よく考えてみて、「確かになぁ」と思うこともありました。

でもやはり、楽をして稼ぐことは悪いことではないというのが私の結論です。

楽をして稼いだお金の価値

そもそもお金とは一体なんなのでしょうか。

私たちは紙一枚に価値を見出しています。そう、紙幣です。

その紙一枚を得るために「苦労して稼ぐ」のと、「楽をして稼ぐ」のでは価値は違うのでしょうか?

金額的に言えば価値は同じです。

だって、苦労して得た1万円札でも、はたから見れば1万円の価値しかありませんから。

「俺は頑張って稼いだんだ!2万円の価値があるんだ!」と言っても白い目で見られるだけです。

でも、自分の中でのお金の価値というのは変わってくるはずです。

「先月は頑張ったなー。このお金で美味い飯でも食いに行こう。」
「今日は頑張った!みんなで飲みにいこう!」

自分で汗水流して働いたから今美味しいものが食べられてる。みんなと飲みに行ける。

こう考えれば、働かずともお金が入ってくる人とは少し価値感が違うでしょう。

言い方は少し悪いですが、親からお金をもらっている人は働くということの大変さがわからないかもしれません。

そういう人と汗水流して働いた人の同じ一枚の紙は本当に同じ価値なのでしょうか?

もっと身近な話で言えば、小学生の時に得た100円と高校生になってから得た100円。これも、同じ価値なのかと言われれば少し違うと思います。

このように自分の中でのお金の価値は苦労の差で変わってくるとは思います。

お金は目的ではないこと

この記事を読んでいただけている皆さんに簡単な質問をします。

「お金を稼ぐって何のためですか?お金は何でほしいのですか?」

どう答えますか?

「生活していくため。」
「旅行に行きたいから!」
「好きなアーティストのライブに行くからだよ。」

このように、多くの人はなにかしらの「目的」を答えられると思います。

お金を稼ぐことって「目的」ではなく、何かを達成するための「手段」なんです。

ようは、楽をして稼ぐこと効率の良い稼ぎ方と置き換えるならば、

楽をして稼ぐことは目的を達成する効率よい手段

と言い換えることができます。

楽をして稼ぐことは効率の良いお金の稼ぎ方なのです。

「将来大きな家に住みたい!」という人がいれば、それだけ効率の良い稼ぎ方をしなければなりません。

「親を助けてあげたいんだ。」という人がいれば、それだけ時間とお金に余裕を持たないといけません。

当たり前のことです。これの何がいけないのでしょうか?

楽をして稼ぐというのは同時に効率のいい稼ぎ方だということです。

楽をして稼ぐにも努力があること

このことについては、そもそも「楽をして」という部分に反するのでは?と考えるでしょう。

しかし、少し考えてみてください。

若い頃から働いて50歳まで肉体労働で働いた人
ネットビジネスで成功して50歳まで不労所得で稼いだ人

確実に後者のほうがお金は持っています。桁が何個も違う人がいるのも現実です。

そして何より、どっちのほうが「楽をして稼いだ」か?です。

やはり、ネットビジネスをやるには知識が必要になってきます。この点では、学ばなければいけないことも多く大変な点でしょう。

でも、どう考えてもネットビジネスのほうが肉体労働より楽で稼げるんですよ。

ちょっと有名な話をします。

参加者はAさんとBさんの二人です。
40,000km(だいたい地球一周の距離)の一本道の先の目的地に早く着いたほうの勝ちとします。
それを聞いたAさんは目的地に向かってすぐに走りだしました。
Bさんはそれを見向きもせず、バイクの免許を取りに行きました。
バイクの免許をとったBさんは全速力で目的地に向かいました。
たちまちBさんはAさんを抜かし圧倒的な差をつけて目的地に着いたのでした。

すごい似ている気がしませんか?

どんな計画を立てれば効率よく目的地に早くつけるか。これを考えたものが勝つゲームです。

そしてもう一つ。バイクはハンドルをひねりさえすれば、ブーンとすごいスピードが出ちゃうんです。

40,000km走り続ける大変さ >> バイクの免許を取る+ハンドルをひねる大変さ

何が言いたいかというと、楽をして稼いでいる人は、それなりに努力をしたはずですが、その努力を含めて総合的に見ても結局楽をしているということです。

この世にはうまい稼ぎ方があるってことなんですよ。

それをやるかやらないか。知ってるか知らないか。

いろんな生き方がある

ここまでみると、楽して稼がない人が悪いみたいな言い方をしていると思われそうですが、そんなことはありません。

私も楽をして稼いでいる人を見て「いいなぁ」「ずるいなぁ」と思います。

だから将来はこなるんだと思いましたし、なるために勉強もしています。

それと同時に、何かやりがいをもって仕事に取り組んでいる人を見て、「輝いてるなぁ」「かっこいいなぁ」と思うこともあります。

ある特定の働き方を否定しているわけではありません。

だって考えてみてください。

みんながネットビジネスをやったらこの世界は回りません。

みんながいろんな生き方をしているからこそ成り立っているんです。

中には不満を抱えながら毎日企業勤めしている人もいるでしょうし、資産を投資で増やしている人もいます。

私としてはみんながその仕事にやりがいを感じて何も不満がない社会になることが一番いいと思いますが、そんなのきれいごとですもんね。

だからいろんな人に感謝しながら自分のなりたいものに向かって進んでいくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です