【体験談】失敗しないプログラミングスクールの選び方

なお
こんにちは。サイト運営主のなお(@nao_jpa)です。

この記事は、失敗しないプログラミングスクールの選び方について解説している記事です。

この記事はこんな方におすすめ
  • プログラミングスクール選びで悩んでいる
  • プログラミングスクールは高額だから失敗したくない

この記事を書いている僕は、プログラミングスクール選びに1度失敗しています。

この記事を読めばプログラミングスクール選びに困らず、自分の習いたいことを習えるスクールを見つけられるでしょう。

プログラミングスクールを選ぶ上で最低限抑えておきたいポイント

プログラミングスクールの選び方で押さえておきたいポイントはこれら。

  • 受講料
  • 講師のレベル
  • カリキュラム終了後の自分のレベル
  • 習いたい言語があるか

一つずつ解説していきます。

受講料

ただでさえ、平均相場が高いプログラミングスクール。

少しでも安くて、質が良いところを探すのは当たり前だと思います。

自分的に平均相場は3ヶ月で15~25万くらいじゃないかなと思っています。

この範囲が当たり前だと思ってください。

相場より低いプログラミングスクールは、簡単な最終課題を作って終わるところばかりです。

最終課題のレベルなどで判断すると良いですよ。

なお
自分のサービスを作れたりするところだと成長しやすいかと!

コードキャンプなどが例に挙げられますね。

実績もしっかりしていて問題ないです。

コードキャンプの評判を口コミなどからまとめてみた!

講師のレベルの高さ

講師のレベルはとても重要です。

その辺の独学で知識だけある人よりも、しっかり現役エンジニアを採用しているプログラミングスクールを選ぶべきです。

自分がプログラミングスクールを終わった後のゴール地点が変わってきます。

もしプログラミングを習うってなった場合どういう人から教わりたいか?って話です。

ですがプログラミングスクールに高いお金払って通ってまでつけたいスキルということは、就活や今の仕事に活かしたいはずです。

カリキュラム終了後の自分のレベル

ほとんど名が通ってるプログラミングスクールは、カリキュラムがしっかりしています。

ただの教科書て感じのカリキュラムだと、意味ないですよね。

なぜなら教科書みたいなカリキュラムは独学で学べるようなもんですからね。

せっかくお金を払ってスクールに通うのなら、自分がなりたいレベルに達すことができるスクールを選びましょう。

カリキュラムで大事なのは、どれだけ分かりやすくインプットしてアウトプットしやすいように作られてるかだと思います。

アウトプットがしやすければ自分の成長スピードにも大きく影響しますよね!

習いたい言語があるか

就活とかに影響させたい人で

「習いたい言語が決まってるけど、その言語を扱ってるスクールは値段が高いから、違う言語で我慢しよう」

となる人がいますが、普通にもったいないですし、続きませんよ。

違う言語も自分に合いそうなら良いですが、習いたい意欲がない言語を習っても80%続かないです。

金額は妥協しても、習いたい言語が決まってるいるのなら貫いた方が良いです。

なお
あくまで個人的意見です
プログラミング言語を将来性からランキングで紹介!【2019年最新版】

プログラミングスクールを選ぶ上であったらいいポイント

上記で最低限見るべきポイントをお伝えしました。

ここではあったらよいなというポイントや、こだわる人にはこだわってほしいポイントをお伝えします。

通うことができるか

通って自分のモチベをあげる手段があるということです。

プログラミング自体、ひとりぼっちなことがほとんどなので、仲間がいるスクールだと心強いです。

通うことができるプログラミングスクールは、交流イベントなのが少なくても月1で行われています。

そこで仲間を見つけてこの先一緒に仕事していくとかになったらロマン溢れますよね。

卒業生はどういった道に進んでいるか

それぞれのプログラミングスクールのページに飛べば、卒業生のインタビューが必ず載っているので必ず目を通しましょう。

インタビューで言ってることはどのプログラミングスクールの卒業生もほぼ一緒なのですが、どの就職先についているかは確認した方が良いです。

どこの就職先でプログラミングスクールのレベルが図れる可能性があります。

良いプログラミングスクールを選ぶ上で自分ができること

自分に合ったプログラミングスクールを見つけるには、プログラミングをある程度知る事が大切になってきます。

ここではスクールの無料体験と独学の重要性について説明します。

無料体験をたくさん受ける

気になったプログラミングスクールのことを直接知れる機会は、それぞれの無料体験しかありません。

自分は10個以上のスクールで無料体験を受けてから決めました。

なお
こんなに受けろとは言いません(笑)

無料体験自体は30分ほどで終わるので空き時間を活用して話を聞くことが可能です。

こちらの記事で紹介しているプログラミングスクールなどから、気になるところにとりあえずスクールの話を聞いてみるのが1番の近道です。

プログラミング初心者におすすめのスクール4選

プログラミングの業界話などをとりあえず聞きたいだけの方には、『CodeCamp』の無料体験をお勧めします。

40分間でたくさんお話を聞けます。

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

少し独学をしておく

少しだけプログラミングをかじっておいてから、プログラミングスクールで受講を始めた方が良いです。

プログラミングというのは、本来は1人で構築していきながら、エラーと戦いながら完成させていくものです。

エラーが起きた場合に解決しないといけないのは自分です。

なので自分で調べて解決する力を身につけておかないといけません。

そこでお勧めなのが『Progate』というサービスです。

ご存知の方は多いかもしれませんが、しっかり活用した方が良いですよ。

Progateの有料版の評判とは?実際に体験してみた!

転職したいならプログラミングスクールはめちゃくちゃこだわるべき

転職したいなら普通のコースではダメです。

それはなぜか。

転職に特化していないためです。

プログラミングの技術を身に着けるだけで転職できる自信がありますか?

僕ならありません。

転職をしたいのなら転職に特化したプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

コスパで選ぶ!転職におすすめのプログラミングスクール!

最後に

長くなりましたがこんな感じです。

これらに書いてあることをしっかり実践してから、プログラミングスクールを探せば間違いないはずです。

  1. 独学する
  2. プログラミングスクールの無料体験を受けまくる
  3. よく考えてから決める

これで良いです。

プログラミングは今から始めても遅くないスキルですよ。

実際に40代で転職のためにプログラミングを勉強し始めている人をしっています。

以上、「【体験談】失敗しないプログラミングスクールの選び方」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です